Worry woamn is wearing white shirt

2つの入手方法

the orange pills

アイピルを手に入れる方法というのは2つあります。
1つは病院で処方してもらうという方法で、もう1つは個人輸入代行サイトで購入するという方法です。
それぞれの方法のメリット・デメリットがありますので、両者の特徴を知った上で自分に合っている方法を選んで購入しましょう。

まず、病院で処方してもらう方法ですが、一番のメリットは病院へ行った当日に手に入れることができるということです。避妊に失敗してしまった…そういった場合病院へ行くと処方してもらう事が可能です。しかし、病院を探し、時間を作って行かなければならないので手間がかかります。また、診察を受けなければ処方してもらうことができませんので診察料も発生します。診察料や薬代を合わせると1万円以上かかるケースが多いです。

次に個人輸入代行サイトで購入するという方法です。個人輸入代行サイトを利用することで、すぐに薬は手に入りません。最低でも2週間程度は要します。しかし、アイピル以外の医薬品も購入することが出来る、診察料が発生しないというようなメリットがあります。手間がかからず医薬品を購入することができますので、デリケートな悩みも自分ひとりで解決することができます。また、個人輸入代行サイトではジェネリック医薬品を多く取り扱っています。日本には出回っていないジェネリック医薬品も多く、新薬の2~6割程度の金額で購入できて大変オトクです。

病院でアイピルを処方してもらうか、個人輸入代行サイトを利用して自分でアイピルを手に入れるか…どちらの方法で手に入れるのが賢いでしょうか?
よく考えた上で購入するようにしましょう。