Worry woamn is wearing white shirt

効果と副作用

the drugs

アイピルというのは錠剤の避妊薬となっており、性行為後に服用するタイプとなっています。基本的には性行為後72時間以内に服用するというものです。ただ、性行為後24時間以内に服用すればほぼ100%に近い避妊効果が得られますので、できるだけ早めに服用することをおすすめします。

今までの緊急避妊薬には性行為をしてから72時間以内に服用し、再度服用しなければなりませんでした。2度服用しなければ十分な効果が得られなかったわけですが、飲み忘れによって妊娠してしまう…というケースも珍しくありませんでした。ですが、アイピルというのは1度の服用で避妊効果が得られます。
そのため、飲み忘れることもなくアイピルを試す人が増えています。
日本ではまだまだ知名度が低い避妊薬ですが、海外ではたくさんの女性がアイピルで避妊をしています。

ただ、アイピルというのは副作用が起こりやすいという特徴があります。服用した多くの女性が副作用を感じています。副作用には頭痛、吐き気、下腹部の痛みなどが挙げられますが、その中でも特に多くの人が感じているのは吐き気です。
副作用の症状は通常1~2日程度で解消されます。ただ、アイピルを服用する際に酔い止めを服用する、食事押してからアイピルを服用するというようにすることで吐き気を抑えることが可能です。もしも、アイピルを服用してから吐いてしまったという場合には効果が薄れてしまう可能性がありますので再度服用するようにしましょう。

アイピルは性行為後72時間以内が勝負です。ですから、今からでも通販で購入しておくようにしましょう。