Worry woamn is wearing white shirt

妊娠の仕組みと作用

the white tablets

アイピルを服用することによって避妊をすることができます。しかし、服用する際には
、まずは「妊娠の仕組み」を知っておく必要があります。そして、アイピルがどのように作用するのか、こうし知識を知っておくようにしましょう。

妊娠というのは、精子が卵子の中に入り受精卵となり、受精卵が子宮内膜に着床することで起こります。しかし、精子と卵子が出会ったからといって確実に妊娠するというわけではありません。女性の月経周期、卵巣が排出するタイミングと精子が入り込むタイミングが重なることで受精卵が誕生して妊娠につながります。

アイピルというのは子宮内膜の増殖を抑止し、子宮内膜を無理やり剥がす効果があります。そのため、万が一受精卵ができ、子宮内膜に着床しようとしても剥がれ落ちてしまいますので妊娠には至りません。また、アイピルには精子の動きを鈍くする作用がありますので卵子に届かず死滅します。こうした2つの効果によって妊娠を防ぐことが出来るのです。

アイピルというのは、体内の女性ホルモンの量を増やし、意図的に子宮内膜を剥がしていきます。ですから、アイピルで避妊をすることはできますが、毎回アイピルで避妊をするというようなことは避けましょう。
普段性行為をする際にはコンドームで避妊をし、コンドームが破れてしまった、途中で抜けてしまったという場合にだけアイピルを服用するようにしましょう。そうすることで体に負担をかけることなく避妊をすることが可能です。
体に負担をかけることなく避妊をして、セックスライフを楽しみましょう。